衝撃的な事実を知らされるって、俺初めて経験したかもしれません。
今まで信じていたものが崩れ去ったと言うか、騙されていたのを知ったと言うか、何とも言えない嫌な気分になってしまったのです。
もろくも牙城が崩れてしまったって感じのショックを受けてしまったのです。
あれは、キャンパスの友人の家に酒を飲みに行ったときの事なんですけど、俺がセフレとの関係を楽しんでいるっていう事を友人に話してみたんです。
「だけどさぁ、何だかみんな愛想が無いんだよね。
ホ別イチゴとかでお金出してるのに、完全にマグロ状態の女ばっかりなの。
セフレってみんなこんなもんなのかな?」
ビールで酔っぱらった勢いもあったから、思わず愚痴るように話してみたんですよね。
それとセフレを作っているってちょっと自慢したい気持ちもありましたからね。
「お前セフレ作ってるんだ、どうやってんだ?」
「セフレ掲示板で、書き込みしている女に向かってアプローチしているよ」
「ははん」
すると言う時なんだけど、若干馬鹿にしたような笑みを浮かべているんです。
こいつ、俺にセフレがいるから妬いているんじゃないのかって最初思ったんですよ。
「多分セフレなんてみんなおんなじようなもんだろうな」
「そりゃ大きな間違いしているよお前」

「間違い?」
「お前それな、本当の女じゃないし。
正確には素人の女じゃないね。
それな、業者ってやつなんだよ」
「業者?なにそれ?」
目が点になってしまいました。
業者って一体なんなの?全く言葉の意味が分らなくて、今何してしまう俺の頭。
さらに馬鹿にしたような笑顔で話しを続けてくるのです。
「デリヘル業者っていったて、掲示板なんか使って相手探して女を送り込んで金儲けてるんだよ」
これ俺にとってかなりの衝撃的な言葉となって頭に響きまくってしまっていたのでした。