無償でお金を支援してくれる人

女子大生のパパ活
 無償でお金を支援してくれる人と出会いたかったんです。
私は38歳、既婚者です。
パートに出ているのですが、時給が安いこと、そして新型コロナの影響もあり、不安定な収入になってしまったのです。
それまでだって、夫との収入を合わせても豊かな生活を送れていませんでした。
最近は節約も限界を感じていました。
お金が欲しい。
お金を助けて欲しい。
お金ください。
私の頭の中、こんな考えがグルグル回っていた状態だったのです。
ネットで見たエッチなしパパの存在。
出会ってサポートして欲しい。
無償でお金を支援してくれる人になって欲しい、なんて強く思ってしまったのでした。

 年齢も重ねているし、美人なわけでもない。
相手にされるかどうか分りません。
でも、挑戦しないわけにはいかなかったのです。
金銭的に危険な状態だったのですから。
ネットで勉強して、良いパパ活アプリを発見しました。
安全性が高い、このパパ活アプリで、優しいパパ募集をしていくことにしました。

 年齢的に、やっぱり無理かな?
無償でお金を支援してくれる人は若い女の子を求めているのではないかな?
何処か懐疑的な部分も持ちながら、掲示板に投稿を繰り返した私。
そんな心配をよそに、男性からの連絡が到着したのでした。
50代の会計士男性でした。
面接もして頂いたのですが「落ち着いた雰囲気とか、とても安心できる」と言ってもらえてしまったのです。
その男性の条件が、都度払いの2万円でした。
年齢を重ねた私に、そんなお金を…。
もう喜ぶしかありませんでした。

 スケジュール調整をして、無償でお金を支援してくれる人とお食事デートに出かけていきました。
男性を喜ばせるよう笑顔を見せ、男性の話に答えていきました。
パパの方も、とてもリラックスした表情を見せてくれるし、継続関係を最後に言い渡してくれました。
デブのパパ活
無償でお金あげます
本当に困った時に助けてくれる人

テキストのコピーはできません。